がんセンターでの入院生活

私は某国立がんセンターへ入院し手術を行いました。

消化器外科病棟で、大腸がん、直腸がん、肝臓がん、胃がん、
すい臓がん、腎臓がんと病室は全てがん患者です。

病室の雰囲気は暗くなかったですよ
みんな、がんなのでそれぞれ痛み等を知ってます。
話が合う病気仲間になります

ある日、私の病室にある患者さんが移ってきました。
その方はいろんな病気を持っていて「無呼吸症候群」もありました。
その方は病気の影響でいびきが異常にうるさいのです
そえは、まぁいいのですが・・・・
無呼吸症候群の方の近くで初めて寝るとびっくりします。

その方は寝ているのですが1分毎くらいに呼吸が止まるのです。
それも20秒くらい、息をしていないんですよ。

正直、大丈夫か!!!と思い心配していました。


あと、すい臓がんの方も同室になった事があります。
見ためは病気には見えませんでした。
すい臓は体の奥にあるため、CT等では正確にがんの状況を
把握できないそうです。
切ってみて判断を行うのが一般的のようです。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。