症状と発覚 国立がんセンターへ

直腸がん摘出手術を行い、2年が経過しました。

術後2年目の定期健診に行ってきました。

結果は来週わかります。

私の直腸がんの進行度はステージUでした。

癌ができた場所は肛門からわずか5センチのところで、

はっきりと自覚症状がわかる状態でした。

どのような自覚症状がというと、便を出そうとした時に
便が何かに引っかかり、まともに出てこないのです。

痛みはさほどありませんが、便がなかなか出ないためにトイレに行く回数が増えます。

また、癌が塞いでいる状態で無理に便を通そうとするので出血します。

丁度、その時期は仕事が忙しく出張も多かったために
しばらく放置していました。

やはり気になったので、インターネットで症状を調べると
大腸がん(直腸がん)の症状そのものズバリだったのです。

さすがに放置すると駄目だと思い、近所の肛門科に行きました。

近所の病院では、まず触診とレントゲンを行いました。

レントゲンは肛門にバリュームを注入し撮影するものです。

その結果、腫瘍があるのは間違いなしです。

詳細検査の為に、数日後に内視鏡による検査実施です。


内視鏡検査ではでは病理を一部切断し検査に出します。

さらに数日後に検査結果を聞きに病院に行くと、やはり悪性でした。

すぐに紹介状が手渡されました。


私は福岡に住んでいて、病院の候補としては

国立九州がんセンター、福大病院、浜の町病院、久留米大学病院

悩んだ挙句、がん専門病院がいいだろうと判断し九州国立がんセンターに行く事に決定しました。


本サイトでは、私が経験している直腸がんの症状や手術、病院での生活、術後の経過などを掲載しております。


直腸がん 術後2年目の検診結果

直腸がん 術後2年目の定期健診の結果を聞くために
国立九州がんセンターに行ってきました。

朝9時の予約だったのに、呼ばれたのが9:30・・・

これは、いいほうです。 2時間近く待たされる事もあるんですよ

診察室に入ると、担当医が違うのです。

前回の担当医は、他の病院に移動となったそうです。
実は、担当医の変更はこれで2回目なんですよ〜

1人目(他病院へ移動)
2人目(他病院へ移動)

国立系の病院は移動も多いので、担当医が変わります!

さて、検診の結果です。

検診と言っても、CTと採血のみです。

結果はどちらも異常なし。

今回は、採血の詳細データを頂いたのですが腫瘍マーカーの値を
含め、全てが正常値でした。


私は下痢となったときのために、下痢止めの薬を貰っています。

いつもは、近所の調剤薬局へ処方箋を持っていっていたのですが、
今回は面倒なので、九州国立がんセンターの目の前にある
大賀薬局に行きました。

大賀薬局で、初めてジェネリックを勧められました。

ジェネリックに買えてみたのですが、その安さに驚きです!

1個50円だった薬が、ジェネリックに変更すると、わずか9円でした!!

いかに、ジェネリック以外の製薬会社がぼったくっているかが
わかりますよね〜



直腸がんの手術に関して

私が始めの手術を行ってから、もうすぐ2年が経ちます。

今日は直腸がんの手術に関して書きたいと思います。

私は3回の手術を行いました。

1回目は癌摘出手術⇒仮の人工肛門設置
2回目は人工肛門閉鎖での後遺症を抑える為に
肛門を小さくする手術
3回目は人工肛門閉鎖手術です。

今回は1回目のがん摘出手術に関して掲載します。


●手術日前日
  テープ利用のかぶれはないかパッチテストを行います。
  手術日前日は仮の人工肛門設置の箇所へマーキングを行います。
  夜から下剤を飲みます。

●手術当日朝
  手術前に強烈な下剤を服用します。
  
●手術室への搬送まで
  まず、手術用の服に着替えます
  次に呼吸確保のため、鼻から管を通します
   ⇒ これが結構苦痛です・・・・

●手術室に搬送されて
  直ちに麻酔です。
  私の場合は麻酔&痛み止めとして背中から脊髄にかけて
  ワイヤー状のチューブを通すものを利用していました。
  チューブを通す為に簡易麻酔をするのですが、注射の痛みのみで
  激痛はありません。
  そのご、口からの吸引麻酔により眠りに入ります。

●手術中
  全く意識はありません。
  終了後に医師に呼び起こされる感じとなります。


私の場合の術式では、腫瘍が下部にあったため
肛門から摘出と人工肛門設置の為の開腹手術でした。

後で写真で術中の生々しい写真を見せられたのですが
有り得ない位に肛門が開かれていました・・・


私の場合、術後の痛みは殆どありませんでした。

手術と言うと、どうしても怖いイメージが強いと思いますが
実際は気がつけば終了という感じです。

怖いと考えずに、これで癌が摘出されると思う事で
気分的に楽になると思います。

人工肛門閉鎖後 1年4ヶ月経過

仮の人工肛門閉鎖から1年と4ヶ月が経過しました。

医師の話では、1年くらいは後遺症が残るといわれていました。
1年以上経過した今でも、後遺症は残っています。

便漏れや頻便に襲われる時があります。
ただし、私は症状が比較的軽く3日に一度くらいの間隔で便意が襲ってきます。

そうなると、連続で数回トイレに行く必要があります。

酷い症状の方になると、一日50回〜100回近くトイレへ行かなければならない事もあるそうです。

それを考えれば、私はかなり軽い方と思います。

先日、mixiで知り合った方からメッセージを頂きました。
その方はお父さんが私と同じく直腸がんで、現在は仮の人工肛門の
状態だそうです。

人工肛門というのは、ストーマという器具(袋)をおなかにつけます。
その方のお父さんは、そのストーマからの便漏れや人口肛門の周りに
できる炎症に悩んでおられるそうです。

人工肛門、ストーマーで何か問題があったり、悩みがある場合は
必ず「ストーマー外来」を探して出向いてください。

「ストーマー」外来は専門ですので、必ず解決法が見つかります。




直腸がんとは?

家庭の医学での大腸ガがんの説明は以下となっています。
----------------------------------------------------------------
大腸がんは、良性のポリープが大きくなりガン化する場合と、
はじめからガンの状態で現れる場合があるようです。
大腸は、右下腹部の盲腸からはじまり上行(じょうこう)結腸・横行(おうこう)結腸・
下行(かこう)結腸・S状(えすじょう)結腸・直腸までをいいます。
直腸を除く大腸を結腸といいます。
----------------------------------------------------------------

全体の事は詳しく記述できませんので、自身の事で説明いたします。

〔直腸がんの症状〕
私の場合は、肛門のから1センチのところに腫瘍ができました
初期症状としては、便秘とにています
便意はあるのに、便が出ないという状況です
※実は、腫瘍があるために便の通路が小さくなり出にくくなるのです
少し悪化すると、無理に便を出そうとする為に腫瘍の周りに傷がつき、
そこから出血します。
※直腸がんでの出血とは、どばっと出る下血のイメージではなく
 便に血が混ざる感じだと思って下さい。

恐らく痔ににた症状ではないかと思います。
私も初めは痔かな?と疑い仕事が忙しかった為、放置していたのですが
ある時、ネット上を検索していると痔ではなく「がん」の可能性がある
事を知ったのが病院にいくきっかでした。

その他の自覚症状としては、便が出ない(出にくい)状態で便をしますので
肛門(腸)が痛くなります(激痛ではありません)

非常に簡単すぎますが、私に場合はこういう症状でした。


人口肛門閉鎖 後遺症との闘い開始

やっと病院から人工肛門閉鎖手術の為の入院案内が来ました。

人工肛門設置後の生活は思ったほどに苦ではありませんでした。
これで人口肛門が撤去され通常の体になります。

とりあえずは入院です。
そして手術の為の検査を行います(CT等が中心)

ここで肛門を利用しても大丈夫かのチェックを行う事になりました。
具体的には肛門につながっている方の腸管の方に水を入れてみて
状況を確認するという方法だったのですが、
医師の想像のように都合よくテストができないのです。
思ったように水が入っていかず、また水である為に
すぐに出てしまうのです。


触診で肛門の力等をみると、やはり力が足りない
結局手術は2回に分けて行う事となりました。

1回目は肛門自体を縫い合わせ小さくする手術です。
そして2回目に腸を繋げ開通する手術となりました。

1回目の手術は下半身麻酔で約3時間でした。
意識があるのは流石に怖いので眠らせてもらって終了です。
今回はICUに入る事もなく1日だけ個室にいて
すぐに一般病棟へ移動・・・

そして2回目の手術です。2回目は全身麻酔の手術でしたが
こちらも4時間程度の手術で終了しました。
術後は同じくICUには入る事はなく個室へ移動です。

手術のダメージは全くありませんでした。
体はぴんぴんしています。痛みも殆どありません。
ただし、体が人口肛門ではなく開通した状態となっています。


食事が始まるまでは殆ど便はなし
食事は3日後に始まりました。

やはり 自分で排泄はコントロールできません。
肛門を通過するのはわかるのですが、便意もなく
また、とめる事もできずに出てしまいます。
パンツ1枚の状態だと当然大変な事になります。

パンツに尿とりパットを貼り付け、その上に女性の
生理用ナプキンを貼り付け、さらにティッシュを置く事を
する必要があります。


病院で2週間ほど経過を見ましたが食事が普通になっても
状況の改善はありません。

結局 それ以上は永久人口肛門に変更する事意外は
病院ではやれる事はないのです。

医師の話(資料)によると最低でも半年は必ず便失禁がある
1年後で50%が改善されるくらいです。


肛門温存方式を選択したからには覚悟を決めていましたが
実際はかなり辛い状況です。
常に便失禁するという訳ではなく、2日〜3日間隔で
出始めると3時間くらいは便所の往復となります。

3ヶ月経過した今でもこの状況は殆ど改善されないままです。


以上で直腸癌発覚から今までの経緯のお話は終わりです。
今後は多少不定期となりますが、現在の状況などを記録して
行きたいと思います。

直腸癌摘出手術、そして一時的に人口肛門へ

結局悩んだ結果、肛門温存の術式を選択しました。
手術前日は麻酔科の先生、手術室の看護士、ICUの看護士と
立て続けに説明に来ます。また、書類も多く書く必要があり
とても面倒臭かったですね。

そして、お決まりの処理や下剤を飲んだりと忙しい一日でした。
肛門温存とは言っても一時的に人口肛門になります。
お腹にマーキング(人口肛門を作る位置に目印)を
書くのですが、私の場合癌が前立腺まで浸透している可能性が
ありました。仮に浸透していれば膀胱も摘出する事となり
こちらも人口となります。その為にマーキングは二箇所でした。


さて手術当日です。
朝9時から10時間に渡る手術でした。
まず、手術着に着替えます。そして移動ベットの上に横になり
医師が鼻に管を通します。(これが結構嫌です)
そしてベットに乗ったまま手術室へ・・・
手術室に入ったら麻酔です。
腰から背中にかけて麻酔兼痛み止めの管を注入します。
次に手術台へ移動・・・その後は眠りにつき気が付けば
手術が終了していました。

手術終了後、ICUで起こされ「あれ?もう終わったんだ」
という感じで本人はいたのですが、10時間経過していたのです。

がんセンターでは基本的に大きめの手術を行った場合は
歩行が終了するまでICUで過ごす事となります。
(約2日〜3日間)
ICUは一般病棟と異なり、ハーレム状態です^^;
患者1人に看護士1人が付き、着替えなどの時は
看護士が3人くらいきます。
若さなのか回復は異常に早く翌日にはベットにすわり
歩行も完了しました。


手術により人口肛門になっています。
人口肛門設置直後は外に露出した腸管も大きいのです
後に小さくなるのですが・・・
拒絶感はありませんでしたが、不思議な違和感がありました。

入院

初めに病院に行ってからベットの空き待ちで
1ヶ月後に入院が確定し2006年3月に入院しました。

お腹がへると思いお菓子などを少し持ち込んだのですが
見事に初日から絶食です。
午前中に入院して、午後には栄養補給の点滴が入りました。

初めの数日は手術の為の検査でした。

そして医師の説明です。

「正式な病理検査を行うまでははっきりはいえないが
 stageUで他臓器等への転移の可能性はなし」
「本人の意思を優先し肛門温存手術を行うが根治性に
 問題がある場合は永久人口肛門へ切り替える」
 
 ・・・???
 
がんセンターでは当初永久人口肛門になると言われていました。
詳しい話を聞くと、現在は温存する方法も研究されており
トライしてみますとの事です。

術式について聞くとセカンドオピニオンの某教授とは異なり
内肛門括約筋は完全に取り除くが外肛門括約筋は残すという術式でした。



私はこの時点で永久人工肛門を覚悟していたので悩みました。
後遺症が出るよりもすぱっと人口肛門にした方がよいと判断していたからです。

妻などと相談した結果、その術式なら後遺症少ないのでは?
という結論になり肛門温存手術を選んだのです。



----------------------------------------
現在は仮の人口肛門閉鎖手術も終わましたが
頻便/便漏れがあり この時の選択がよかったのか?
はまだ判断できません


次回は手術前についてお話します。

肛門温存の術式について

入院→手術のお話をする前に少し
セカンドオピニオン先での肛門温存手術の話をします。

肛門温存の権威 某大学の某教授のところへ行きました。

まずは肛門について
http://www.ichou.jp/parts/icj-ans.html

上の図のように肛門には内肛門括約筋と外肛門括約筋があります。
某教授の肛門温存方法は腸から肛門までの間の
上記2つの肛門括約筋を完全に切ってしまい肛門の方を
少し残す術式した。

私の場合は肛門から約1cmの場所にがんがあるため
肛門部分に残せる筋肉はほんの数ミリとなるのです。

頻便/便漏れ等の説明を聞いた上で果たしてこの術式で
肛門機能を保つ事はできるのか?
ただ人口肛門を回避するだけで実際は頻便/便漏れに
一生悩まされる状態になるのではないか?
人口肛門について調べると肛門から便はでない代わりに
パウチ(袋)の中に溜まり定期的にそれを捨てる
匂い等はそこまで激しくない・・・・


悩んだ挙句出した結論は永久人口肛門にするという事でした。

次回、入院から手術までをお話します。


----------------------------------------------------
後日お話しますが、結局ガンセンターでの手術は
肛門温存希望を優先し某大学とは異なる術式での
手術を試みました。

一般的に直腸がんの手術は腸を切ります。
腸を切ると患部温存の為に肛門を温存したとしても
約3ヶ月〜半年は一次的な人口肛門となります。

人口肛門とセカンドオピニオン

検査等が一通り終わり、医師からは入院待ちで
手術は約1ヶ月〜2ヵ月後に行うと言われました。

「位置的に(肛門に極めて近い場所)永久人口肛門になる」
とも言われました。

人口肛門について私は全く知識がありませんでした
ネット等で直腸がんや人口肛門について調べました

人口肛門とは肛門につながっている腸を切ってしまい
肛門を閉鎖して、本来肛門につながっている腸をお腹から
外に出します。そこにストーマ器具(袋など)を貼り付け
便が溜まる仕組みです。

人口肛門になると障害者認定4級となります。
また、障害年金の対象にもなるとの事です。


私には小さい子供が2人います。
その状態で人口肛門などになって子供と遊ぶ事ができるのか?
お風呂やプール・・・いっしょに暴れる事などできるのか?

人口肛門を回避する方法を探しました。
現在、直腸がん手術では肛門を残す方法がかなり研究されて
います。ネットなどで肛門温存手術を行う病院を探しました。

さいわい、家から車で2時間程度のところにある
某大学病院に肛門温存手術の第一人者がいました。

まずは、そこへセカンドオピニオンに行き話しを聞くと
「温存できる確立は80%です。ただし、温存できても
頻便や便漏れが暫く続く状態になります」

温存さえできれば普通に肛門を利用できると思っていた
私には衝撃的な言葉でした。
温存できたとしても多少の排便障害は残る・・・
仮に排便障害が高度な場合は、それこそ子供と遊べないし
仕事にも影響が出て会議や出張も厳しくなる。

人口肛門覚悟で国立がんセンターで手術を行うという
結論を出しました。


※最終的には国立がんセンターにて肛門温存手術
 という形になりました。

国立がんセンターへ

近所の病院で直腸癌である事が確定し
紹介状を書いてもらって、国立がんセンターへむかいました

がんである事はすでにわかっている状態です。
触診の結果は肛門から1cmくらいのところに
結構大きめに腫瘍ができているとの事でした。

それからは転移の調査などでかなり検査をしました。
CT/MRI/胃カメラ/骨/前立腺など一通りの検査です

検査の結果は直腸意外は問題なし
恐らく転移はないと思うが、前立腺の境界がはっきり見えず
ガンの根が浸透している可能性もありとの事です。

とにかく癌摘出手術が必要です。
直腸がん自体は再発率も少なく、5年生存率もかなり高いので
手術で摘出を行えばほぼ問題はありません。


ただし・・・・
ここでおおいに悩む事に

私の場合、癌の場所が肛門に近すぎるところにあります
通常であれば永久人口肛門となってしまう場所なのです。

それまで私は「人口肛門」という言葉すら聞いた事がない
状況で、それから直腸癌と人口肛門についての研究が
はじまりました・・・・

大腸(直腸)がんの存在

今回より数回、今まで事を書き綴ります


私が肛門に違和感を感じたのは2005年末でした。
便が非常に出にくい状態になったのです。

初めは便秘気味だな〜程度にしか思っていませんでした。
ところが便意があるのに便が出てこない・・・
当時は出張も多く、放置していました。

症状はさらに悪くなりまれに血が出るようになりました。

仕事が少し落ち着いて、これはやばい?かもと思ったのが
2006年の2月です。

その頃には肛門付近に何かできているのが
はっきりと自覚症状でわかるほどでした。
ネットで少し調べると癌という言葉が出てきます
初めは家の近くの肛門科に行きました。
医師がいうには「できものがあるから病理検査にまわす」
その結果が出るのが1週間後との事でした。

一週間後に再度病院に行き 内視鏡を使った検査です。
※この時点で病理検査の結果は出ていたのですが
  検査終了までその件については何もなし

内視鏡検査が終わって医師からの報告です
「病理検査の結果、悪性でした・・・」
「病院を紹介します。どこか行きたい病院はありますか?」

はい、ここで癌である事を宣告されたのです。

悩んだ末に病院は「国立癌センターにしました」

大腸(直腸)がんの発覚

はしめまして

私は30歳代にして直腸癌を発病しました。

2006年に直腸癌である事が発覚し手術を行い
一時的な人口肛門状態となりました。
現在は人口肛門撤去は完了しましたが

癌は肛門から約1cmのところにあり、初めは病院で
永久人口肛門以外はないと言われていました。

セカンドオピニオンなどに行き情報収集後
はじめの病院で人口肛門を避けたいという相談をし
なんとか永久人口肛門は回避できたのですが

後遺症として便漏れ・頻便に悩まされている状況です。
大体人口肛門閉鎖後 50%の人が機能回復するという事で
現在は様子見の状態で、1年経っても改善が見られなければ
永久人口肛門への切り替えを行う予定です。


本ブログでは直腸癌や私の状況変化について、最新の医療に
関して書いていこうと思います。


〔これまでの経緯〕
・2005年下旬  便が出にくくなり たまに血便となる
・2006年2月  病院に行った結果 直腸癌(StageU)と判明
・2006年3月  癌摘出手術 仮の人口肛門となる
・2006年10月 人口肛門閉鎖手術

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。