直腸がん 術後2年目の検診結果

直腸がん 術後2年目の定期健診の結果を聞くために
国立九州がんセンターに行ってきました。

朝9時の予約だったのに、呼ばれたのが9:30・・・

これは、いいほうです。 2時間近く待たされる事もあるんですよ

診察室に入ると、担当医が違うのです。

前回の担当医は、他の病院に移動となったそうです。
実は、担当医の変更はこれで2回目なんですよ〜

1人目(他病院へ移動)
2人目(他病院へ移動)

国立系の病院は移動も多いので、担当医が変わります!

さて、検診の結果です。

検診と言っても、CTと採血のみです。

結果はどちらも異常なし。

今回は、採血の詳細データを頂いたのですが腫瘍マーカーの値を
含め、全てが正常値でした。


私は下痢となったときのために、下痢止めの薬を貰っています。

いつもは、近所の調剤薬局へ処方箋を持っていっていたのですが、
今回は面倒なので、九州国立がんセンターの目の前にある
大賀薬局に行きました。

大賀薬局で、初めてジェネリックを勧められました。

ジェネリックに買えてみたのですが、その安さに驚きです!

1個50円だった薬が、ジェネリックに変更すると、わずか9円でした!!

いかに、ジェネリック以外の製薬会社がぼったくっているかが
わかりますよね〜



この記事へのコメント
ちょくちょく来させていただきます。
よかったら私の方もご覧いただけると光栄です。
闘病者
ぼったくりはあんまりじゃないですか?
開発会社=開発費莫大
ジェネリック=開発費0円
この差がある限り金額差は仕方がないのでは。
ジェネリックも中には同じ作り方でも副作用が違って(治験やってないから)怖いものもあるし。
確かに高価な薬が安く使えることはいいことですが、開発費を抑えてヨソのレシピで安く売ってるからできることであって、エライわけではないと思います。
最初に多額の費用をかけて開発した会社をぼったくり呼ばわりはないと思いますよ。
高い薬の会社が開発したらからこそ、それを真似て安い薬が作れるのですから。
特定疾患者
癌で苦しんでる人にそのコメントはないだろ……非常識すぎる
かこ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。