人工肛門閉鎖後 1年4ヶ月経過

仮の人工肛門閉鎖から1年と4ヶ月が経過しました。

医師の話では、1年くらいは後遺症が残るといわれていました。
1年以上経過した今でも、後遺症は残っています。

便漏れや頻便に襲われる時があります。
ただし、私は症状が比較的軽く3日に一度くらいの間隔で便意が襲ってきます。

そうなると、連続で数回トイレに行く必要があります。

酷い症状の方になると、一日50回〜100回近くトイレへ行かなければならない事もあるそうです。

それを考えれば、私はかなり軽い方と思います。

先日、mixiで知り合った方からメッセージを頂きました。
その方はお父さんが私と同じく直腸がんで、現在は仮の人工肛門の
状態だそうです。

人工肛門というのは、ストーマという器具(袋)をおなかにつけます。
その方のお父さんは、そのストーマからの便漏れや人口肛門の周りに
できる炎症に悩んでおられるそうです。

人工肛門、ストーマーで何か問題があったり、悩みがある場合は
必ず「ストーマー外来」を探して出向いてください。

「ストーマー」外来は専門ですので、必ず解決法が見つかります。




この記事へのコメント
S状結腸より直腸までの間に直径約45mm2ヶ、35mm3ヶの進行性癌発見。大腸約45mm切除。人工肛門は皮膚糜爛のため継続不可能、人工肛門閉鎖手術を受ける。以後、人間の尊厳を失う地獄の日々、そろそろこの人生の幕を引きたい。
断腸亭生照蔵
【新発売のストーマ装具交換用袋(PAT.P)】

新発売の「ストーマ装具交換用袋(PAT.P)」を使うことで・・・

・毎回の装具交換が安心・簡単・スピーディに!
・交換時に両手がふさがることもなくなります。
・交換時にゴミが散らばることも解消でします。
・交換時に急に排泄物が出ても安心です。
・外出時や災害時なども安心した交換場所がなくても安心です。
・ストーマ周りの皮膚を洗浄しても服などを汚す心配がなくなります。
・安心して装具貼り付け部の空気浴ができます。

・交換し終えたら、3回丸めてポィ!っとゴミ箱に捨てられます。

・中身も見えなく、2回密封できるので捨てる時も安心です。
マツムラ
お役に立てるかどうかは解りませんが、

ストーマ用装具の交換用袋をこのたび発売することになりました。

交換を安心・簡単・スピーディに出来る商品です。

一度、商品のホームページをご覧いただけたらと思い投稿いたしました。

http://www.omocha.co.jp/trump1/
マツムラコウジ
私の父は、人工肛門で亡くなる直前ゎ人工肛門の周りが爛れていたり、周りの血管が浮き出て、そこから大量の出血をしていました。
出血止めの粉をしても利きませんでした。
いわ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。