直腸がん手術後の性機能障害

なかなか書きにくい内容ですが、気にされている方もいると
思いますので書きます。

直腸がんは手術後は性機能障害が、発生する可能性がある
といわれています。
これは、手術時に腸のすぐ横に走行している自律神経の損傷
を起こす可能性があるからです。

幸い、私に場合は全く障害は発生しておりません。
また 同様に排尿障害になる可能性があるとも言われています。

私の場合、こちらも問題ありません。

これは、手術時にいかに周りを傷つけないかの執刀医の腕に
かかっている割合が多いと思います。

病院を選択する時は術数の多い、病院を選ぶのもポイントです
また、執刀医が疑わしい場合は変えてもらう事をお勧めします

後遺症が残った場合は最悪です。ためらわずに主張しましょう

この記事へのコメント
主人は直腸がんの手術をして3年になります。
現在入院中です。排尿、排便、の障害、又口
から食事ができない、痰がでない、等の障害
があり、誤燕性肺炎にもなりました。初めから
便秘が治らずその為食べなくなりました。
術後、腸閉塞になり又お腹をきりました。30代
の時S状結腸をしており、これで3回開腹手術
をしました。本人は便秘が怖くて食べられないと
言っています。誤燕性肺炎をしてから、急に悪く
なったように感じます。この肺炎になる前に入れ
歯を作りましたが合いませんでした。現在栄養
状態が悪いので、医師は「胃婁」を作ろうと言っているのですが。ただその場合3回もお腹を切っているのと、体力が無いので果たして上手くでき
るかと言われています。 考えてほしいと言われているのですがどうしたら良いのか、こまってい
ます。何かアドバイスをおねがいします。
中村  幸子

緊急事態wwwww
http://qtvzur0.kxyasx.info/
あらゆる股間で大洪水wwwwwwこれはヤバいwwwwwwwwwwww
欲求不満カイケツwww
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。