直腸がんとは?

家庭の医学での大腸ガがんの説明は以下となっています。
----------------------------------------------------------------
大腸がんは、良性のポリープが大きくなりガン化する場合と、
はじめからガンの状態で現れる場合があるようです。
大腸は、右下腹部の盲腸からはじまり上行(じょうこう)結腸・横行(おうこう)結腸・
下行(かこう)結腸・S状(えすじょう)結腸・直腸までをいいます。
直腸を除く大腸を結腸といいます。
----------------------------------------------------------------

全体の事は詳しく記述できませんので、自身の事で説明いたします。

〔直腸がんの症状〕
私の場合は、肛門のから1センチのところに腫瘍ができました
初期症状としては、便秘とにています
便意はあるのに、便が出ないという状況です
※実は、腫瘍があるために便の通路が小さくなり出にくくなるのです
少し悪化すると、無理に便を出そうとする為に腫瘍の周りに傷がつき、
そこから出血します。
※直腸がんでの出血とは、どばっと出る下血のイメージではなく
 便に血が混ざる感じだと思って下さい。

恐らく痔ににた症状ではないかと思います。
私も初めは痔かな?と疑い仕事が忙しかった為、放置していたのですが
ある時、ネット上を検索していると痔ではなく「がん」の可能性がある
事を知ったのが病院にいくきっかでした。

その他の自覚症状としては、便が出ない(出にくい)状態で便をしますので
肛門(腸)が痛くなります(激痛ではありません)

非常に簡単すぎますが、私に場合はこういう症状でした。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。