肛門温存の術式について

入院→手術のお話をする前に少し
セカンドオピニオン先での肛門温存手術の話をします。

肛門温存の権威 某大学の某教授のところへ行きました。

まずは肛門について
http://www.ichou.jp/parts/icj-ans.html

上の図のように肛門には内肛門括約筋と外肛門括約筋があります。
某教授の肛門温存方法は腸から肛門までの間の
上記2つの肛門括約筋を完全に切ってしまい肛門の方を
少し残す術式した。

私の場合は肛門から約1cmの場所にがんがあるため
肛門部分に残せる筋肉はほんの数ミリとなるのです。

頻便/便漏れ等の説明を聞いた上で果たしてこの術式で
肛門機能を保つ事はできるのか?
ただ人口肛門を回避するだけで実際は頻便/便漏れに
一生悩まされる状態になるのではないか?
人口肛門について調べると肛門から便はでない代わりに
パウチ(袋)の中に溜まり定期的にそれを捨てる
匂い等はそこまで激しくない・・・・


悩んだ挙句出した結論は永久人口肛門にするという事でした。

次回、入院から手術までをお話します。


----------------------------------------------------
後日お話しますが、結局ガンセンターでの手術は
肛門温存希望を優先し某大学とは異なる術式での
手術を試みました。

一般的に直腸がんの手術は腸を切ります。
腸を切ると患部温存の為に肛門を温存したとしても
約3ヶ月〜半年は一次的な人口肛門となります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。