国立がんセンターへ

近所の病院で直腸癌である事が確定し
紹介状を書いてもらって、国立がんセンターへむかいました

がんである事はすでにわかっている状態です。
触診の結果は肛門から1cmくらいのところに
結構大きめに腫瘍ができているとの事でした。

それからは転移の調査などでかなり検査をしました。
CT/MRI/胃カメラ/骨/前立腺など一通りの検査です

検査の結果は直腸意外は問題なし
恐らく転移はないと思うが、前立腺の境界がはっきり見えず
ガンの根が浸透している可能性もありとの事です。

とにかく癌摘出手術が必要です。
直腸がん自体は再発率も少なく、5年生存率もかなり高いので
手術で摘出を行えばほぼ問題はありません。


ただし・・・・
ここでおおいに悩む事に

私の場合、癌の場所が肛門に近すぎるところにあります
通常であれば永久人口肛門となってしまう場所なのです。

それまで私は「人口肛門」という言葉すら聞いた事がない
状況で、それから直腸癌と人口肛門についての研究が
はじまりました・・・・

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。