大腸(直腸)がんの存在

今回より数回、今まで事を書き綴ります


私が肛門に違和感を感じたのは2005年末でした。
便が非常に出にくい状態になったのです。

初めは便秘気味だな〜程度にしか思っていませんでした。
ところが便意があるのに便が出てこない・・・
当時は出張も多く、放置していました。

症状はさらに悪くなりまれに血が出るようになりました。

仕事が少し落ち着いて、これはやばい?かもと思ったのが
2006年の2月です。

その頃には肛門付近に何かできているのが
はっきりと自覚症状でわかるほどでした。
ネットで少し調べると癌という言葉が出てきます
初めは家の近くの肛門科に行きました。
医師がいうには「できものがあるから病理検査にまわす」
その結果が出るのが1週間後との事でした。

一週間後に再度病院に行き 内視鏡を使った検査です。
※この時点で病理検査の結果は出ていたのですが
  検査終了までその件については何もなし

内視鏡検査が終わって医師からの報告です
「病理検査の結果、悪性でした・・・」
「病院を紹介します。どこか行きたい病院はありますか?」

はい、ここで癌である事を宣告されたのです。

悩んだ末に病院は「国立癌センターにしました」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。